スクールフォトレポート

2018/03/12

京都府立桃山高等学校

定着した「クリッカーを用いた協同的な学び」

「化学の基本法則」を教材とした本年度最後の「クリッカーを用いた協同的な学び」の授業が行われました。年間を通して実施してきた1年生の学校設定科目「グローバルサイエンスベーシック」での取り組みもすっかり定着し、生徒達はクリッカーで集めた意見をもとに班で話し合いをしながら学びを深めていました。調査アンケートでは、協同的な学びを日常の学習に効率的に取り入れることで、科学の学習に対する有能感が高まることが示されました。従来の講義形式の授業と同様の授業進度を確保しながら、協同的な学びを行う授業デザインにクリッカーシステムは有効であることが示されました。
学校名 京都府立桃山高等学校
研究課題 「思考力・判断力・表現力」を養うアクティブラーニングを高等学校で実現する クリッカーシステムを用いた授業デザインの研究
都道府県 京都府
学校ホームページ http://www.kyoto-be.ne.jp/momoyama-hs/mt/