長岡市立関原中学校

第47回特別研究指定校

研究課題

自己の生き方を追求し,よりよい社会を創ろうとする能動的学習者の育成
~知・徳・体を総合的に育むICTを活用したキャリア教育の実践を通して~

長岡市立関原中学校の研究課題に関する内容

都道府県 学校 新潟県 長岡市立関原中学校
アドバイザー 吉崎 静夫 日本女子大学 名誉教授
研究テーマ 自己の生き方を追求し,よりよい社会を創ろうとする能動的学習者の育成
~知・徳・体を総合的に育むICTを活用したキャリア教育の実践を通して~
目的 ICTを活用して,これまで「知」に重点が置かれ,バラバラに育成されてきた「知」「徳」「体」を,キャリア教育(生活や社会,生き方)でつなぎ,すべての教育活動で6つの基礎的・汎用的能力を活用しながら総合的に育むことを目的とする。
現状と課題

生徒は明るく,素直で,授業態度も落ち着いている。しかし,学習の目的や将来の目標を見いだすことができず,受動的な態度の生徒が少なくない。学校区は,1小学校1中学校で,小中連携して「知」「徳」「体」の部会ごとに研修を深めている。しかし,各部会ごとの活動が行事化され,「知」「徳」「体」を校内で,総合的に育む仕組みがない。

学校情報化の現状 GIGAスクール構想により,ようやく ICT機器等が整備されつつある。教職員のICT活用に対する意欲も高く,期待も大きい。しかし,「学校情報化」の内容や学校のレベルを初めて知った状態である。生徒も,教職員も,他地域の先進校の取組や環境等の情報を得ることで,学校や地域の特徴を生かし,地域の学校情報化推進校としての役割を果たしたい。
取り組み内容 「知」:指導過程[導入,展開1(個の学び),展開(学び合い),まとめ]におけるICTを活用した授業改善
「徳」:ICT を活用した「学びのポートフォリオ」を活かした「キャリア・パスポート」の作成とその活用
「体」:ICT を活用した「自己理解シート」と「生活記録シート」の作成とその活用
成果目標
  • ○キャリア教育の基礎的・汎用的能力を育むICTを活用した授業改善
  • ○学びのポートフォリオおよびキャリア・パスポートのデジタル化
  • ○自己理解シート・生活記録シートのアプリ化
助成金の使途 Google Chromebook Acer、ブラザーA3プリンター、プリンターインク、研究リーフレット印刷費、WiFiレンタル他
研究代表者 田中 哲也
研究指定期間 2021年度~2022年度
学校HP https://www.kome100.ne.jp/sekihara-jhs/
公開研究会の予定 公開研究会:令和4年11月、日本キャリア教育学会:令和4年11月