大阪市立東高等学校

第45回特別研究指定校

研究課題

ICTを活用した主体的な情報発信スキルを身につけさせる国際連携アクティブラーニング
~海外の仲間たちとつながり、共に学んだ成果を世界に発信する~

大阪市立東高等学校の研究課題に関する内容

都道府県 学校 大阪府 大阪市立東高等学校
アドバイザー 影戸 誠 日本福祉大学 客員教授
研究テーマ ICTを活用した主体的な情報発信スキルを身につけさせる国際連携アクティブラーニング
~海外の仲間たちとつながり、共に学んだ成果を世界に発信する~
目的 継続的な国際協働学習を通して、アウトカム・デザインとインターネット活用モデルを構築する。
グローバル人材の基礎力と、ICT活用能力を明らかにし、これらの力を育成するための広く活用できるモデルとして具体的な展開事例を示す。
現状と課題
  • 必要な予算と人材の確保
    主に対外提携校との交流コスト
  • フェイストゥフェイスの交流機会の充実
    一過性に終わらせない工夫を検討
  • 研究のための調査機会の設定
    実践研究の視座から機会の充実
学校情報化の現状 2018 学校情報化優良校(継続)
取り組み内容
  • 本助成を利用しての体制強化
    校内的にも継続性を持たせる
  • 国際交流イベントへの派遣
    WYMとASEPを柱として研究を展開
    事前・事後の継続的交流を図る
    先進的事例への派遣・調査
    新たな国際交流連携実践の模索
  • 学会等での発表による情報発信
成果目標  授業実践におけるプレゼンテーションと探求学習の体験を設定し、まとめ、提案までを繰り返し実践し、その継続性を求める
 生徒の研究活動として、海外連携校とWYMおよびASEPでテーマ策定して、研究活動をおこない探求学習による協働と共創の成果を発信させる
 校内研究協議会を随時実施し実践成果の報告・発表を行う。これらを踏まえて郊外の各種研究会等での発信を行い、本研究の知見の共有を図る
助成金の使途 タブレットPC、記念盾、国際研修プログラム等への派遣・参加費、印刷費他
研究代表者 池田 明
研究指定期間 2019年度~2020年度
学校HP http://swa.city-osaka.ed.jp/swas/index.php?id=h523502
公開研究会の予定 日本教育工学協会全国大会など