実践研究助成(初等中等教育現場の実践的な研究に関する助成制度)実践研究助成(初等中等教育現場の実践的な研究に対する助成制度)

・応募要項&申請

平成28年度(第42回)の応募受付は終了しました。

助成概要
助成概要

申請から助成金振込までの流れ

 

一 般
概要 さまざまなICTを効果的に活用して、教育内容および教育方法の改善、
充実に取組む実践的研究 に対して助成を行います。
研究テーマ 下記のような研究テーマに対して助成を行います
例)

① ICTを活用した思考力・判断力・表現力の育成
② 情報化社会に対応した情報活用
③ ICT活用のための校内研修の工夫、改善
④ 校務の情報化による学習指導・評価等の充実
⑤ ICTを活用したグローバル化に対応する力の育成
助成内容 1年間の研究に対し1件あたり、50万円
助成件数 70~80程度
応募資格 小学校・中学校・高等学校(在外教育施設を含む)
特別支援学校(盲学校・聾学校・養護学校)
教育研究グループ
教育委員会・教育センター・教育研究所
詳細情報 応募要項PDF
※申請書ファイルは事前登録[10月20日~]をするとダウンロードできます。

特 別 研 究 指 定 校
概要 学校が抱える普遍的なテーマについて、モデル的に取り組む学校を募集しています。
全校体制で継続的に取り組んでいただき、そのプロセスや成果についても広く
公開していただきます。
研究テーマ 『 21世紀にふさわしい学び 』 に関する 全校体制の実践的研究
① ICTを活用した 思考力・判断力・表現力を育む授業づくり
② ICTを活用した 情報活用能力の育成 ・ 情報教育の推進
③ ICTを活用した グローバル化に対応する力の育成
助成内容 ・ 2年間の研究に対し1件あたり、150万円
・ 期間中6回程度、財団が指名する大学の研究者による訪問アドバイス
助成件数 6件程度
応募資格 小学校・中学校・高等学校
特別支援学校(盲学校、聾学校、養護学校)
(※ただし在外教育施設を除く)
詳細情報 応募要項 PDF
※申請書ファイルは事前登録[10月20日~]をするとダウンロードできます。

リーフレット「平成28年度(第42回)実践研究助成のご案内」のダウンロードはこちらから
リーフレット 平成28年度(第42回)
実践研究助成のご案内 PDF

※ 本助成は、文部科学省/全国都道府県教育長協議会/全国連合小学校長会/全日本中学校長会/全国高等学校長協会/海外子女教育振興財団から後援をいただいております。

応募期間
応募期間

 

応募期間応募期間 2015年12月1日(火) ~ 2016年1月20日(水) 17時迄

結果発表結果発表 2016年3月中旬(予定)

申請方法応募方法 申請サイトからのWEB申請

平成28年度(第42回)実践研究助成の応募受付は終了しました

応募する前に

実践研究助成とはへリンク 実践研究助成とは 助成を受けるメリットや特徴を知りたいなら
応募にあたってへリンク 応募にあたって 申請書の書き方や他校の事例を知りたいなら
専門委員のご紹介へリンク 専門委員のご紹介 贈呈式・成果報告会等において助成先にアドバイスをする先生方をご紹介

ページトップへ