東京都立八王子桑志高等学校

第48回特別研究指定校

研究課題

産業高校によるICTを用いた地域の集客促進プロジェクト
~生徒が主体となって考えるこれからの『産業イノベーション』による多角的なアプローチ~

2021年度08-12月期(最新活動報告)

最新活動報告
応援企画でコラボレーション予定のプロバスケットボールチーム側との......

アドバイザーコメント

岸 磨貴子 先生
八王子桑志高校では、「産業高校におけるICTを用いた地域集客促進プロジェクト」を事例として......

東京都立八王子桑志高等学校の研究課題に関する内容

都道府県 学校 東京都 東京都立八王子桑志高等学校
アドバイザー 岸 磨貴子 明治大学 准教授
研究テーマ 産業高校によるICTを用いた地域の集客促進プロジェクト
~生徒が主体となって考えるこれからの『産業イノベーション』による多角的なアプローチ~
目的
  1. 1. 生徒一人ひとりに「自分らしい生き方」を主体的「判断・実行」できる力を育成し「未来の産業人」を育てる。
  2. 2. 一人一台端末の本格導入時期の来年度に併せ、生徒一人一人の特技・得意技を追求し、産業高校の特色を生かした新たな試みを実践する。目標を設定し、達成に向かい学ぶ体験の中で『「学び方」を「学ぶ」』授業を行う。
  3. 3. 本校の特色と併せ、教育方針である「新しい価値」を創造する姿勢を涵養する。
現状と課題 本校は令和4年度から一人一台端末の導入を開始することになったが、まだ学校として生徒に対し授業内で効果的にICT機器を利用する指導については、教員組織全体で模索・確立していく段階にある。無線LANネットワークは昨年導入済みであり、ハードウェア面では環境整備がなされていることから、今後は指導する教員間でどのような活用を行っていくかの方針・情報共有等のソフトウェア面での充実と一貫した指導体制が課題である。
学校情報化の現状 各教科等では情報手段や技術を活用した指導が行われているが、全校体制で取り組めている段階には至っていない。校務の情報化などは電子決裁や電子データを用いた会議などが導入され始めており、今後の更なる取り組みが重視される。
取り組み内容 地域社会への貢献や他分野との連携を重視する観点から、地元プロバスケットボールチームの集客に、チームの運営方法を変えず低予算でチケット販売の促進策の提案、併せて販促ツールの試作を行う。活動グループは分野を跨ぎ、最低4名以上のメンバーで構成。4分野の特色を生かし、端末でイメージを共有しながら主体的かつ協働的にプロジェクトを進める。
成果目標
  • 1.研究授業の進捗状況や成果物を順次本校Webサイトにて報告、また可能なものは動画共有サイトにて公開。
  • 2. 本プロジェクトに関する広告物を発行し、販促ツールを置かせてもらう予定のお店などに配布を行う。
  • 3. 校内でICT機器活用を促進し、創作物や意見のシェアや感想など本校4分野の強みを活かした議論を促す。取り組み後は同様にICT機器を用いて主体的に生徒が創作や広報活動などを企画できる場として継続利用する。
助成金の使途 プロジェクター、3Dプリンター、360カメラ、モーションキャプチャ、活版印刷機、硬質UVインク、3Dプリンター リフィル式ABS、モーショントラッキングデバイス、活版印刷機 受講料他
研究代表者 綿田 奈月
研究指定期間 2022年度~2023年度
学校HP http://www.hachioji-soushi-h.metro.tokyo.jp/site/zen/
公開研究会の予定 年度末に校内で開催予定。2年間のプロジェクトであることから次学年への引継ぎを兼ねて発表を行う。

本期間(4月~7月)の取り組み内容

応援企画でコラボレーション予定のプロバスケットボールチーム側との打ち合わせ及び実践研究に向けた導入に関する打ち合わせ。一年生段階の知識・技能でも取り組むことができる活動モデルの提案と洗い出し。チームと対象学年とのミートアップイベントの開催。生徒へのアンケート実施と夏休みに実施予定のチーム訪問企画の紹介と参加者の確定。

アドバイザーの助言と助言への対応

アドバイザーからの助言: 実践として行う活動の設定をする一方で、同時進行で研究としての課題を確立していく。生徒に対して地域への親しみやすさを意識し、課題をどのように提示していくかが重要になってくる。また一年目のプロバスケットボールチーム集客促進プロジェクトの経験を、二年目の産業イノベーションに係る新科目へ反映し、実践研究として生徒の卒業後の繋がりを見据えた発展的な活動を作っていく。

助言への対応: ミートアップイベントでの導入についてはこちらから最初に具体的なものを与えるよりも、生徒が応援したいと思ってもらうために選手やチームに親しみを持ってもらうプレゼンテーションを構成した他、生徒が自発的に考えて生み出したアイデアを重視する観点から、プロジェクトの導入時に生徒同士で話し合い、その考えを発表する時間を確保した。

本期間の裏話

校内のみならず、バスケットボールチーム側とのミートアップイベントの詳細を調整していく過程で、対象生徒にチームの想いをどのような活動をどのような方法で紹介するかの企画・打ち合わせに時間を掛けた。イベント当日は実際にチーム広報担当者の仕事内容やチームに掛ける想いをプレゼン頂いたこと、実際に本校の生徒とバスケットボールのプレイを見せる機会があり、半数の百名を越える生徒が興味を持つアンケート結果となった。

本期間の成果

生徒の興味・関心についてミートアップイベントの感想や、自身が生かせそうな特技、集客促進に向けてどのようなことができるかについて、Formsのアンケート機能にて回収することができた。チームとの具体的なコラボレーション企画についても生徒から様々な意見が上がり、練習風景や広報業務を訪れて見てみたいという要望に向けて夏休みに訪問予定。

今後の課題

本校四分野の良さを生かしたプロジェクトに応じた規模のグループ編成と、生徒による実現可能な集客促進活動の立案。校内各分野との連携した指導や、チーム担当者との会議(オンライン含む)の設定。参加者の取り組みについて校内での共有。

今後の計画

対象候補者に向けて夏休み中のバスケットボールチーム訪問と取り組みについてのアイデア出し。九月初旬時点でのグループ確定及び、情報機器や分野の独自性を用いた本校の特色を生かした集客促進活動の企画と実践。

気付き・学び

スポーツ観戦経験のある生徒が予想以上に少なく、実際に選手のプレイを見て迫力を感じ、興味を持ったという声が多かった。生徒が地元との結びつきを意識する機会となった。

成果目標

  1. 生徒一人ひとりに「自分らしい生き方」を主体的「判断・実行」できる力を育成し「未来の産業人」を育てる。
  2. 一人一台端末の本格導入時期の来年度に併せ、生徒一人一人の特技・得意技を追求し、産業高校の特色を生かした新たな試みを実践する。目標を設定し、達成に向かい学ぶ体験の中で『「学び方」を「学ぶ」』授業を行う。
  3. 本校の特色と併せ、教育方針である「新しい価値」を創造する姿勢を涵養する。
アドバイザーコメント
岸 磨貴子 先生
明治大学
准教授 岸 磨貴子 先生
  

 八王子桑志高校では、「産業高校におけるICTを用いた地域集客促進プロジェクト」を事例として、生徒が主体となって考え、新しい価値創造に向けて行動できるカリキュラム開発に取り組んでいる。2023年度に新設される「産業イノベーションプロジェクト」では、生徒一人ひとりが、自分らしく生きていけるように、学校教育において自分の特技や得意技を活かして、実践に参加できるようなカリキュラム開発を目指す。その具体的な実践が、地域のプロバスケットボールチームと連携したICTを用いた地域集客促進プロジェクトである。

 八王子桑志高校には、デザイン分野、クラフト分野、システム情報分野、ビジネス情報分野の4つの分野がある。それぞれの分野の教員が1年次の生徒らと活動をはじめ、2年次から、新設する「産業イノベーションプロジェクト」内の授業で取り組む。このプロジェクトに取り組むまでに、生徒らが2年次の活動を見据えて、それぞれ特技や得意技を見つけ発展させ、自分ならどう関われるのか/関わりたいのかをイメージしていくことが1年次の実践の目標である。

 本実践研究に関する4-7月の報告書では、最初のステップとして、プロバスケットボールチームと生徒の「出会い」のデザインについて報告されている。八王子桑志高校では、2022年7月7日に、生徒がプロバスケットボールチームと出会う最初の取り組みを行った。それまで教員らはプロバスケットボールチーム側と何度も対面およびICTを活用したやりとりを通して打ち合わせを行ってきた。双方ともに重視していたことは、生徒の「やってみたい」を引き出すことと、同時にそれができる環境を学校側で構築することである。そのために2つのアプローチが検討された。ひとつは、プロバスケットボールチーム側から生徒が参加しやすい活動を10ほど提案し、生徒が参加を通して自分のできること、やりたいことを見つけていくアプローチである。もうひとつは、プロバスケットボールチームを訪問し、生徒自らができそうなこと、やってみたいことを見つけることである。持続の観点から、生徒をプロバスケットチームとどのように出会わせるかを検討し、それが7月7日の実践へとつながっている。報告書から、生徒がプロバスケットボールチームに関心をもったことは示されているため、教師の生徒へのその後の働きかけにも着目していきたい。

 今後の動きとして実践的課題となっているのは、アウトプットの質の問題である。プロバスケットボールチームと連携して地域集客促進の活動をするといっても、まだ技術や知識が十分にないと自信が持てない生徒も少なくない。彼らが今自分の持っている特技や得意技を活かしつつ、それを発展させて「できそう」と思える支援や環境が必要となる。そこで、1年次では比較的小さなグループで活動を始め、少しずつ他の生徒を巻き込み、2年次でカリキュラムとして位置付け、全体の取り組みにしていくという案が生まれた。

 地域連携を実際にやりながら形にしていくアクションリサーチ型の実践研究である。今後、研究の問いを絞りながらデータ収集と分析、その結果をもとにしたアクションのサイクルを行うことになる。第2回目のアドバイザー会議では、研究の問いの設定について意見交換を行った。同席した教員6名からは以下のような問いの例が示された。

  • ・地域と意味のあるつながりをつくり、教育プログラムを開発するためには?
  • ・リアルな課題解決型学習における教師の懸念は何か?
  • ・生徒が自分の「できる」を見える化し、それを実現するためのICT活用の具体的な方法は?
  • ・教育プログラムとして実践することの難しさは何か?(地域を教材化せず、共に学び、発達しあえる関係を作るためには?)
  • ・教師は、生徒の「やりたい、できそうだ」という意欲態度をいかに引き出しそれを実現していくのか?
  • ・生徒が取り組む課題に対して、親しみやすさを感じられるようになる(当事者意識を持つ)ようになる教師側の仕掛けは?

 これらの問いは暫定的なものではあるが、実践を通して問いを絞り、その問いに答えていけるような形で実践研究をしていくことになる。今後の展開も楽しみである。