スクールフォトレポート

2022/07/27

横浜市立南吉田小学校

初期日本語指導クラスで活躍するタブレット端末

海外から編入した児童の日本語指導に欠かせないのが写真やイラストで現物を見せて言葉を覚える指導です。初期日本語指導クラスではタブレット端末は普段使いのツールとして活躍しています。
学校名 横浜市立南吉田小学校
研究課題 外国人児童の日本語教育と多文化共生を志向した教育実践の可能性を探る ~タブレット端末を活用した日本語指導のあり方を中心として~
都道府県 神奈川県
学校ホームページ https://www.edu.city.yokohama.lg.jp/school/es/minamiyoshida/