スクールフォトレポート

2022/07/27

静岡県立浜松工業高等学校

施工現場における空間認知

 建築施工は、各工事の内容が実際の風景として視覚化できないために理解することが難しい。しかし現場見学は空間を構成する部位が出来上がる過程を3次元で理解できる良い機会である。構造部材が形作る軸組により、これから始まる床、壁、天井が出来上がる様子をイメージすることは容易になる。
 今回、清水・須山・中村組特定建設工事共同企業体様のご厚意で、浜松医療センター新病院整備工事を見学させていただいた。
学校名 静岡県立浜松工業高等学校
研究課題 建築空間認識のためのICTを活用した教材研究 ~計画、構造設計、施工の建築3科目を通して~
都道府県 静岡県
学校ホームページ https://www.hamako-ths.ed.jp/