スクールフォトレポート

2021/03/02

大阪府高等学校 生物教育研究会(大阪市立東淀工業高等学校)

生研大阪「生物教材と評価」研修会

 パナソニック教育財団助成「生徒と先生による生物調査30年間のビッグデータ解析とICT機器活用生物教育」を頂き,ICTを活用した生物教育の一環として,令和3年1月20日にZoomを用いたオンライン研修会を開催した.
 当初は府立学校に各学校での実践による生物教材とデータを持ち寄り,実践発表と情報交換をする予定にしてたが,Covid-19による非常事態宣言が発表されたので,急遽Zoomによるオンライン開催に変更した.
 進行役の中村副会長がビッグデータの持つ意味とその解析や解釈について説明し,各学校のデータを共有して活発な議論を行った.
 Zoomによるリモート開催となったが30名の参加があり,ビッグデータのもつ生物教材の価値やその教材化について活発な論議が交わされた,
 コロナ禍でのリモート開催となったが,Zoomを利用した遠隔教育の有効性が分かるものであり,今後は遠隔授業教材の開発にも力を入れていきたい.
学校名 大阪府高等学校 生物教育研究会(大阪市立東淀工業高等学校)
研究課題 生徒と先生による生物調査30年間のビッグデータ解析とICT機器活用生物教育 ~ICT機器活用による大阪の生物変遷の教材化~
都道府県 大阪府
学校ホームページ http://seiken.sub.jp