スクールフォトレポート

2021/02/09

早稲田大学高等学院

授業内実践Ⅱ~scratchを用いたプログラムの作出&自作電位測定装置の活用~

授業内実践として、筋電位測定用プログラムをscratchにより作出した後、前学期に生徒が自作した筋電位測定用デバイスと組み合わせて、実際の筋電位測定(収縮時および弛緩時)を行い、生徒自身の手で電気シグナルを検出することが可能となった。また、指導時にZOOMを併用することで、生徒がオンラインで共同研究者と意見交換を行いつつ、主体的にプログラミングを行う様子も見受けられた。
学校名 早稲田大学高等学院
研究課題 高大連携によるナノバイオマテリアルを活用した新たな理科教材に関する研究 ~超軽量・柔軟な導電性高分子ナノシートを用いて植物葉生体電位を測定する教材開発~
都道府県 東京都
学校ホームページ https://www.waseda.jp/school/shs/