スクールフォトレポート

2020/07/29

泉大津市立浜小学校

課題解決に向けたレゴの制作場面

記載している画像は、レゴを課題別に制作している場面です。ここにいたるまで、座学で「社会が抱える課題・市域が抱える課題」について出し合い、解決方法を考えてきました。出てきた一例を紹介すると「コロナウイルスへの対応(食事の提供など)、防災(地震・津波が来たあとのがれきの処分)、未来の自動車、農業の高齢化、などです。現在、チームに分かれ、解決するためには「レゴの基本バージョンから課題解決に向けたレゴの組み立て」を研究しています。ただ、プログラミングをするだけでなく、身近な課題を選択し、チームで協力しながら解決していきます。
今後は、レゴを実際に動かし、また、地元の企業を訪問し、「ホンモノ」に触れることで、子どもたちの創造性と主体性を養っていきたいと考えています。
学校名 泉大津市立浜小学校
研究課題 「小学校プログラミング教育の研究と論理的思考力(多様な見方・考え方)の育成」 ~レゴマインドストームEV3を活用した論理的思考力の育成と対話活動を通して社会的課題に対するロボットの社会的活用について学びを深める~
都道府県 大阪府
学校ホームページ http://izumiotsu.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=2710023