スクールフォトレポート

2020/01/08

西之表市立榕城小学校

公開授業研究会

12月5日(木)に公開授業を行いました。
本校の6年生が総合的な学習の時間で「種子島ロケットプロジェクト」という学習に取り組んでいます。私たちがすむ種子島の自慢の1つである「種子島宇宙センター」。
ロケットや人工衛星が,私たちのくらしをよりよくする上で果たす役割について学んだ後,実際に自分たちでも人工衛星作成プログラムを活用して,「マイ人工衛星」をつくってみたり,Micro:bitを活用して,打ち上げ角度を測ってみたり,カウントダウンシステムをつくったみたりもしました。
この学習を通じて,ふるさと種子島への思いをより強めることができたようです。
事前授業や公開授業には,JAXAの職員の方々にもご参観いただきました。
 このつながりを大切にし,またさらに強めていくためにもこのプロジェクトを次年度も継続していくことができればと考えております。
学校名 西之表市立榕城小学校
研究課題 自ら学び,他者と伝え合いながら,考えを深め合う子どもの育成 ~プログラミング教育「種子島ロケットプロジェクト」を通した授業づくり~
都道府県 鹿児島県
学校ホームページ http://www.nishinoomote.jpn.org/yojoes/