スクールフォトレポート

2019/12/25

横浜市立上菅田特別支援学校 AT研究会

視線入力機器を活用した文字入力の学習

筆記や発語が難しい児童生徒が学ぶためのツールとして、視線入力機器を活用しています。教員からの問いかけに応えて、視線の動きで自分の考えをはっきりと表現しています。
学校名 横浜市立上菅田特別支援学校 AT研究会
研究課題 ICT機器を活用した重度重複障害児の支援および指導・評価を一体化した実践の研究 ~スイッチ入力、タッチ入力、視線入力とその操作記録を活用した授業改善~
都道府県 神奈川県
学校ホームページ https://www.edu.city.yokohama.jp/sch/ss/kamisugeta/