財団活動日記&ニュース財団活動日記&ニュース

2013年01月09日

◆ 手づくりのカリキュラム(情報教育)素案が完成

 

今年度の特別研究指定校である川崎市立平小学校で、中間報告の公開研究会(12月12日)が行われました。
教科の中に含まれている「情報活用の実践力を育成する単元」を抽出したカリキュラム(情報教育)素案が提示され、各学年でその提案授業が行われるとともに、先生全員が、一致団結、みんなで作りあげてきたことを実感できる公開研究会となりました。

○ 授業がはじまる前に、受付のある体育館で、ポスターセッション

授業者以外の各学年の先生が、
本日の授業の見どころを案内していました。
<本日の7つの授業のポイントが、手づくりのポスターに>

カリキュラムづくりの中で、先生たちが体感できる「ことば」、
【あつめる】、【なかまわけする】、【くみたてる】、【あらわす】、
【つたえる】
の5つを決めました。
素案では、情報活用の実践力に関する柱が「平小のスキル」として,子どもに理解しやすい5つのことばをベースに作成されています。


○「5つのことば」の観点から、本日の公開授業を簡単に拝見

1年生国語「くらべて読もう『じどう車くらべ』」
【あつめる】
はしご車の情報をあつめる

【なかまわけする】
「つくり」と「しごと」に分ける

【くみたてる】
説明文をつくる(型をしっかり、覚える)

2年生国語「読んで、せつめいのしかたを考えよう『しかけカードの作り方』」
【なかまわけする】
5枚の写真(情報を読取る)と説明カードを結びつける

【くみたてる】
5組の写真&文書の順序を考える

3年生理科「電気で明かりをつけよう」
【なかまわけする】
電気を通す物と通さない物を予想し、分類
(カードにして、分けていく)

分けたものから、共通のルールを見つけていく

4年生算数「垂直、平行と四辺形」
既習の中で、隣同士で話し合いながら、四角形を考える

【なかまわけする】
垂直と平行の観点から、四角形を分類

(その過程で、台形や平行四辺形の定義を理解)

5年生国語「わたしたちの『図書室改造』提案」
前時までに洗い出した問題点について、アイデアを考える

【なかまわけする】
グループで話し合い、問題点とアイデアを付け合せる

【あらわす】
どう構成して、表現する方法を考え、発表

6年生総合的な学習「『食べる』を考えよう」
【くみたてる】
前時までに、書いた意見文をグループで話し合い、文のつながりを考えたりする

【あらわす】
意見文から、スピーチ原稿を作成するのに、よい文を切り抜き再構成する

センター級生活単元「みんなでいこう、すいぞくかん」
【つたえる】
各自作成した学習シートを自分なりの表現方法で発表する

○ 体育館に移動して、全体会

校長先生の挨拶では、本年度取り組み始めて、
@こどもたちの挨拶が元気よくなった
A各学年の先生のチーム力が向上した
との話を頂きました。

研究主任の福山先生からは、
情報教育のカリキュラムづくりに対する考え方と今日までの取組みの様子が語られました。

指導頂いている野中陽一先生(横浜国立大学教授)からは、
この難しいテーマを2年間でやり抜くために、「かなり、けしかけました」とのこと。

ただ、本日のカリキュラム(情報教育)素案の披露まで、
よくきたとの話がありました。

その後、情報教育についての話を頂きました。
・情報教育=ICT活用ではない。
・ただし、情報化社会において、ICT活用は必然的に関わってくるもの。
・子どもたちが情報活用する能力を身につけることが大事であり、6年間続けてほしい。


講演は、堀田龍也先生(玉川大学教職大学院教授)、

前半部分では、本日の授業への的確なコメントがあり、大いに授業者に参考になったかと思います。
後半部分では、対比するように、過去の情報教育の実践研究に取り組んだ学校の紹介がありました。


本日は、中間報告であり、構想が出来上がった段階です。

これから、1年間、実践を行いながら、
来年の公開研究会では、子どもたちの変容も合わせて報告できればと思います。

ここまで、来ただけでも、平小学校の先生には脱帽です。この気持ちを来年まで続けてもらうべく、応援していきたいと思います。


2013年01月09日(水)UP (則常)

←前の記事へ 次の記事へ→