財団活動日記&ニュース
2012年4月26日
 「豊かに伝え合う力を育む」ための2年間に向けて
 

第38回実践研究助成『特別研究指定校』である川崎市立平小学校に、ご指導頂く、横浜国立大学 教授 野中陽一 先生と訪問してきました。

三上校長先生とご挨拶をさせて頂いた後、研究主任の先生から、2年間の取組みについて説明を頂きました。2年間のスケジュールがほぼ固まっており、計画性の高さを感じます。4月9日に、キックオフを行ったようで、教員のICT研修を行うとともに、全教員が2年間の研究テーマの取組みに向けて、共通認識・意欲をもったようです。

ただ、校長先生とお話をしていると「ほのぼの感」を感じ、この包容力が学校全体をまとめておられることを感じました。

 

打合せ終了後に、授業を見学させて頂きました。

各教室には、50インチテレビと教材提示装置等が配備されております。年度初めにもかかわらず、一部の教室では、既にICTが活用されており、日常化を感じました。

5月10日、第一回の校内研究会があり、今からどんな授業が行われるか楽しみです。


2012年4月26日(木)UP (則常)

←前の記事へ 次の記事へ→